20代女子の失敗しない美容・ファッション業界への転職方法

化粧品関連の仕事って無くならないけど各社競争が激しい!

化粧品

 

化粧品って、見ているだけでもワクワクしてきますね♪メイク方法にも、それぞれこだわりのある方も多いのではないでしょうか?

 

 

化粧品業界と一言で言っても、その中味はそうそう一言では済まされませんね。

 

 

化粧品メーカー内の仕事でも。企画・開発から営業、さらには百貨店などでのカウンセリングで販売する美容部員

 

 

もちろん、どんな業界にも一般事務の仕事も欠かせません

 

 

美容部員という仕事

 

メイク

 

カウンセリング化粧品というと、以前なら百貨店というイメージでしたが、最近は、スーパーやホームセンター、ショッピングセンターでも美容部員(ビューティーアドバイザー・ビューティーカウンセラー)を見かけますね。

 

 

と言っても、実際に現場で「美容部員さん」なんて呼びませんね(笑)。

 

 

最近は、美容部員さんが書いているネットでのブログやサイトも増えてきて、そこで彼女たちが肩書として使ったりしているので美容部員という言葉も普通に認知されるようになってきました。

 

 

実際にメイクしてもらってアドバイスも受けられるので、利用する側としては助かる存在で、人気があるだけあって、なかなか求人情報を見つけるのは大変です。

 

 

その化粧品会社内での資格はあるのかもしれませんが、一般的な資格のようなものはなく、仕事自体も販売員という枠組みです。

 

 

化粧品メーカー

 

化粧品のメーカーというと、スキンケア系の会社、スキンケアに限らない総合的に扱う会社、さらに最近は男性化粧品を扱う会社も増えてきました。

 

 

販売方法も百貨店、スーパー、コンビニ、ホームセンター、そしてインターネットや通信販売と、これまた多種多様ですね。

 

 

最近は、通販でしか販売していないコスメもあり、今後もこの仕事は無くならない種類のものとはいえ、あまりにもたくさんの企業が参入してきているので各社顧客獲得に厳しい競争があり、やはりアイデア勝負の部分も大きくなってきますね。

 

 

仕事内容も、技術系と事務系で分けて募集しているのが一般的です。

 

 

化粧品業界に働きたい場合、そこでどんな仕事をしたいのかをしっかり調べて考える必要があります。あなたは、化粧品業界で何をする仕事に就きたいですか?

 

 

転職エージェント一覧

効率よく転職するために選んで間違い無しのエージェント

 


このサイトは、20代の女性の転職支援情報をご紹介しています。女性の日常生活に欠かせない化粧品。必需品とも言えるだけあり、これからもなくならないけれど、あまりにもたくさんの会社が参入しているので栄枯盛衰も激しそうですね。あなたは化粧品業界でならどんな仕事に就きたいですか?美容部員として働いたり、開発したり営業したり、、。販売場所もスーパーやコンビニ、ドラッグストアのバラエティコスメや昔ながら百貨店で、さらに最近は通販のコスメも増えていますね。是非、あなたの転職活動にお役立てください!

 

関連ページ

ファッション業界の中のアパレル!景気動向は?求人状況は?
ファストファッションの需要の伸びからアパレル業界の景気動向も明るいと言われています。ファッション系に興味のある女性は多いのでまずは自分の好きなブランドに関わる仕事から探してみてはいかがでしょうか?