20代女子の失敗しない飲食・食品関連業への転職方法

最近、外食してる?気になる食品関係の景気動向をチェック!

飲食・食品関連業の最近の景気動向はどのような感じでしょうか?

 

 

景気が悪くなってレストランなどでの外食が減り、家で食べる人が増えたとニュースになったこともありましたが、その頃から「外食」「中食」「内食」という言い方もするようになりましたね。

 

 

最近は、東日本大震災後の節約ブームの後、節約疲れという言葉も出るほど、外食する人も増えてきています。

 

 

飲食業界で挙げられるものに、レストラン、小料理店、ファミリーレストラン、ファストフード、居酒屋、焼肉店、中華料理店、お弁当屋さん、喫茶店、カフェ、などが挙げられます。食べるものも和食、丼もの、寿司、カレー、麺類もうどんやそば、パスタ、焼きそばと多種多様ですね。

 

 

もちろん、スイーツに駄菓子などもこの分類になります。

 

 

甘味系については景気に左右されずに人気があるようです。

 

 

最近は、お店は繁盛していても、飲食店で働く人が減っているために苦労しているところも増えています。

 

飲食・食品関連業|20代の転職に強い《頼りになる転職エージェント》情報【1都3県版】記事一覧

飲食業界で生き残るためにはやはり繁盛するためのノウハウが必須!

不況の中、影響を受けやすい業種に飲食業界が挙げられます。やはり、どれを優先するかで、何かの「ハレの日」以外には、外食は二の次にされがちですね。全体的にお店の数はどちらかというと増えているのに、お客さんの方が増えないどころか、外食よりもスーパーやお弁当屋さんでお惣菜とかを買ってきて家で食べる「中食」に...

≫続きを読む

 

食品業界は安定しているしチャレンジも出来る期待も大きい

楽しくおしゃべりしながらの食事は良いものですよね〜♪私達は生きていくために食事は欠かせません。そのため、不況になって外食が減っても、贅沢な食品を購入するのは控えても、食べ物自体は買い続けますね。冷凍食品も最近は、レストランの味にかなり近づいていますし、忙しい毎日を送る人が多いので、お弁当や普段の自宅...

≫続きを読む