20代女子の失敗しない飲食・食品関連業への転職方法

あなたにとってまた来たくなるお店はどんな感じ?

カフェ・レストラン

 

不況の中、影響を受けやすい業種に飲食業界が挙げられます。

 

 

やはり、どれを優先するかで、何かの「ハレの日」以外には、外食は二の次にされがちですね。

 

 

全体的にお店の数はどちらかというと増えているのに、お客さんの方が増えないどころか、外食よりもスーパーやお弁当屋さんでお惣菜とかを買ってきて家で食べる「中食」にする方がまだまだ多いです。

 

 

そんな中でも、カフェなどは仕事や遊びの時の待ち合わせなどにも使われていて、人気があります。

 

 

さて、飲食業界というと、そのカフェ以外にも、ファミリーレストラン、ファストフード店、定食屋、レストラン、また寿司、カレー、居酒屋などがありますね。

 

 

ラーメン屋さんも数が多いのに、人気店も多くよくテレビや雑誌でも取り上げられています。

 

 

最近は、高品質を維持しながら低価格での提供をしているお店が人気です。

 

 

カフェ・レストランのウェイトレス

 

 

飲食関連業界での求人はというと、ファミリーレストラン等は、どちらかというとパートさんの割合が多いようです。

 

 

正社員の求人はというと、外食チェーン店などでは本部の営業や事務の仕事の割合が多いのではないでしょうか。

 

 

この顧客獲得合戦の中、やはり若い人のアイディアなどを活かしたいと考える企業は増えています。

 

 

お客さん目線で、ここをどう改革すればお店にお客さんが来てくれるかなど、常にアンテナを張って周りを見ていると良いですね。

 

 

また飲食業界で働きたい場合は、そのお店自体は開かれていますから調査の意味もこめてあなたの入りたい会社のお店で、店内の様子やお店で働いている人達の様子を見てみると、おおよそのその会社の雰囲気も分かります。

 

 

この会社なら働きたいと考えたら、その会社の財務状況などもチェックしてみると良いですね。

 

 

転職エージェント一覧

効率よく転職するために選んで間違い無しのエージェント

 

 


このサイトは、20代の女性の転職支援情報をご紹介しています。外食より中食の人気が続いています。お店の数は増えているのにお客さんの数は減っている。これからは昔からのノウハウだけでなく斬新なアイデアなど新しい力も必要とされています。あなたのアイディアを活かしませんか?是非、あなたの転職活動にお役立てください!

 

関連ページ

食品業界は安定しているしチャレンジも出来る期待も大きい
人は食べなくては生きていけないことからも単純に考えて食品業界は無くなることはありません。熾烈な闘いもあるため食品業界で生き残るために開発や営業に力をいれますから、そのあたりの求人を狙う方法もあります。