20代女子の失敗しない金融業界への転職方法

景気の揺れはあっても必要とされている金融業界!

I日銀

 

就活生に聞いた就職したい人気企業のランキングのベスト10は全て金融業ということもありました。

 

 

でも、この晴れてこの業界に就職できても、けっこう転職する率も高いのが現実です。お給料が高いからと安易に選んで、現実の厳しさに辞めていく人もいれば、もっとスキルアップしたい!と、キャリアアップのために転職する場合とに二分されているようです。

 

 

特に外資系の場合、給料が高い分、かなりシビアで転職の場合も即戦力が求められます。その点、日系の場合、第二新卒ぐらいの年齢なら未経験でも求人はあります。

 

 

金融業の営業も個人から大企業とさまざま。大企業ほど転勤などもあるので、転勤になっても大丈夫かどうかなども考える必要もあります。

 

 

パソコン

 

 

そして、金融業界でも、外回りの営業や内勤営業が全てではなく、当然一般事務の仕事もあり、やはり基本的にパソコンスキルは高い方が有利です。

 

 

金融業界の景気動向

 

 

金融業界の景気動向をチェックしてみると、増減を繰り返しながら、消費税の再延期がプラスに働いたようで投資需要が増えてきています。

 

 

オフィスビルの空室率は改善されていけば、証券投資信託委託も好調になりそうです。

 

 

EU離脱

 

 

ただ、イギリスのEU離脱など不安材料は常に働いているのも気になりますね。

 

 

金融業界とは、やはりすぐに思い浮かぶのは銀行、証券、損害保険などですね。さらに、ローン・消費者金融、クレジットカード、リース、その他金融業界と幅広くあります。

 

 

あなたの気になる金融業界はどれですか?

 

 

転職エージェント一覧

効率よく転職するために選んで間違い無しのエージェント

 

 


このサイトは、20代の女性の転職支援情報をご紹介しています。景気の波を常に受ける金融業界ですが、生活していく上で無くてはならない業界でもあり就職希望も多い業界です。金融の営業だけでなく一般事務もありますから転職エージェントのアドバイスを受けながら転職先を探しましょう。仕事内容も、銀行、証券会社や保険会社、不動産会社、クレジット会社。また公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、経営コンサルタント、アナリストなどの資格を必要とする仕事もありますが、その人達の事務所で働きながら資格取得を目指している人もいます。